4日目その③ 安南パーラーからのハンザ市場からの安南パーラー(2015年11月29日)




    
9時10分。

    
ドンスアン市場を見て回ったものの、

    特に収穫もなく終わった私たちは、

    ちょっと休憩するために、近くの
安南パーラーへ。




        
←安南パーラーがある

                                              ランオン通り(Lan Ong)





    
ランオン通りをしばらく行くと…




        
←安南パーラーがあったよ

        
←この看板が目印




    
安南パーラーは朝9時~21時までオープンしていて、

    この時間でもお茶することもできるし、ちょっとした軽食を取ることもできて便利。




    というわけで、早速中へ。




        
←お店の入口

        
←店内




    どうやら、私たちがこの日のお客さん第1号だったみたい。

    入口近くのソファに座ることに。




        
←私たちが座った席にあったバラ




    早速、メニューをチェック。




        
←メニュー

        
←ベトナムのデザート、チェーも

        
←蓮茶などのお茶もあります

        
←ジュースもあります

        
←ビールも飲めるよ

        
←ベトナムのサンドイッチ、バインミーも

        
←この日のスペシャルメニュー




    日本人の方がオーナーということもあって、

    
メニューが日本語であるのはもちろん、

    イラストもかわいらしくてわかりやすく、女性の心をくすぐる。




    
やーーーん。どれにするーーー。

    と、メニューを見ながら悩むこと自体が楽しい。




    このときいたスタッフの女性も日本語が話せて、

    これもまた、安心できた。




    注文を済ませると…




        
←かわいらしいお皿が




    気になったのは、これらの食器。

    
安南パーラーオリジナルのバッチャン焼きが売られている。

 


    これまたかわいくて、買おうかどうしようか迷ってしまう。

    ただ、前日にバッチャン村で買い物をしてきた身からすると、

    全般的にこちらの商品はお高め。




    オリジナルだし、実際デザインもとてもかわいいので

    仕方ないかもしれないけれど、

    感覚としては、日本の雑貨屋さんで買うのと変わらないくらい。




    さんざん迷ったけど、結局買うのをやめてしまった。




        

        
←フタを開けるとこんな感じ




    私たちが頼んだのは

    
まるごとココナッツゼリー 5万ドン(約280円)

    
ベトナムプリン 5万ドン(約280円)




        




    まさしく、“まるごと”ココナッツを器に使ったゼリー。

    
デカッッ!!




        
←中は2層になっていました




    それほど甘すぎもせず、案外すっきりした味わい。

    かなり大きいので一人で食べきるのが大変なほど。

    もちろん、ココナッツの果肉も削って一緒に食べられます。




        




    私が大好きな
ベトナムプリン

    日本のプリンと何が違うって、氷をかけるくらいなんだけど、

    手作り感のある、卵とカラメルの味わいが好きなんです。




    バッチャン焼きに盛り付けるのもかわいいなぁと思いました。




        
←ベトナムコーヒー

        
←相棒はアイスを注文




    コーヒーもちろん甘い甘いベトナムコーヒー。

    でも、下に沈んでいるコンデンスミルクを思い切りかき混ぜなければ

    それほど甘くならないので、お好みで調節できます。




    日本語が通じる安心感と

    かわいらしい食器やデザートに癒されて、ほっと一息。

    ハノイの喧騒にちょっと疲れたときの一休みにお勧めのカフェです。









    
10時10分

    1時間ほど安南パーラーで休憩した私たちは

    ハノイのもう一つの市場、

    
ハンザ市場へ行ってみることに。

    クチコミに、
ここにもバッチャン焼きが売られていると書いてあったのだ。




        
←立派な竹!

        
←安南パーラーがあるハンヴァイ通りには

                                              竹屋さんが並びます


        
←ハンザ市場へと続くハンガイ通り

        
←にぎやかな通りです




    安南パーラーからハンザ市場へは、

    
歩いて10分弱

    狭くて車の通りが激しい道なので、注意して渡ってくださいね。

    (ハノイはどの道もそうですが)




         
←ハンザ市場

         
←車が多くて記念写真も一苦労




    さて。

    この
ハンザ市場(Hang Da)。

    大きな建物の正面から入ってみると…




        
←入口を入ったところ




    両脇にエスカレーターが。

    実はここ、昔は市場だったのだけど、

    今は
ハンザ・ギャラリアという名前になって、

    韓国の資本が入った、ちょっとした韓流デパートになっている。




    と言っても、がっかりすることなかれ。

    もう一度外に出て、

    建物に向かって、右手の方に回ってみると…




        
←ハンザ・ギャラリアの駐車場右手に…

        
←入口が!




    このアーケードみたいな入口が、ハンザ市場の入口。




        
←地下へ降りていきます




    というわけで、市場の中に入っていくと…




        
←洋服屋さんを通り抜けて…

        
←乾物屋さんなども通り抜けていくと…

        
←野菜売り場の前に食器が




    確かにありました!

    バッチャン焼きのお店です。




        

        

        

        




    が。

    非常に雑然としていて、

    前日にバッチャン村へ行って、目が肥えてしまったためか、

    なんだかイマイチな印象。




    しかも、価格的にもバッチャン村の方が同じものでも

    (というかバッチャン村の方がクオリティが高いものでも)

    
バッチャン村の方が安くて、

    ハンザ市場があるからと思わず、

    買いたいと思ったものは、全部バッチャン村で買ってくればよかったと後悔しました。




    でもまあ、せっかく来たし、

    欲しいものも見つけたので。




        




    こちらのお皿、
4枚で28万ドン(約1540円)と言われたのを

    
20万ドン(約1100円)まで値切り。




        




    こちらの鍋も14万ドン(約770円)だったのを

    
12万ドン(約660円)にまけてもらいました。




    ちなみに、この鍋、

    まさかの耐熱ではなく、
火にかけたらあっさりヒビがいってしまい

    非常に残念な結果に。

    せっかく日本まで割らずに持って帰れたのになぁ~。




    いずれにせよ、もしバッチャン村に行く機会があるのであれば

    個人的には、バッチャン村でまとめて買ってしまうことをお勧めします。

    (バッチャン村については、コチラをどうぞ)









    私自身は、もうバッチャン焼きは十分!と思っていたのだけれど。

    ハンザ市場で思うような収穫がなかった相棒は、

    やはり、安南パーラーで売られていたバッチャン焼きが気になると言うので、

    再び安南パーラーへと戻ることに。




        




    ついさっき来たばかりで、また戻るのは、

    ちょっと恥ずかしかったけれど、

    
「バッチャン焼きが気になって…」と言うと、

    合点がいったように迎え入れてくれた。




    で。

    私はと言うと、もう十分買いすぎで、

    どう考えてもこれ以上食器はいらないのだけれど。




    相棒が買っていたお皿があまりにかわいくて、

    ついつい物欲を抑えきれず。




        

        
←この形とデザインの食器は、

                                              バッチャン村でも見かけませんでした。





    
ついつい、買っちゃったーーー。

    
2枚で30万ドン(約1650円)。




    サラダやシリアルなどを入れたりして、けっこう重宝しています。




    そんなわけで、食器はもう十分、大満足。

    ハノイは食器好きにはたまらない町だなー!!